メニュー 閉じる

2月21日、鳩山町小峰町長並びに埼玉県大野知事に対し、太陽光発電による森林破壊についてそれぞれに要望書が提出されました。

交易財団法人 世界自然保護基金ジャパン会長、公益財団法人 日本自然保護協会理事長、公益財団法人 日本野鳥の会理事長の日本を代表する自然保護三団体より「熊井の森をはじめとする埼玉県内の重要な里山環境の保全と太陽光発電事業の進め方についての要望書」が小峰町長と県環境部小池部長に提出されました。要望書はトップページの「各種資料」ページからダウンロードできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です