メニュー 閉じる

ようこそ鳩山町の自然へ

 

 

2020年鳩山町の太陽光発電所計画地と既存メガソーラー分布

オレンジ色が、資源エネルギー庁で認証・公開されているFITの計画地、薄い青がすでに稼働しているメガソーラーです。見ての通り、左半分に多い理由は、山林地であり、人口が少ない地域ということにあります。開発業者から見れば、①まとまった土地が入手でき②廉価で③地元住民が少ないので地元対策が楽(場所によっては集落から見えないので問題にされにくい)という好条件です。しかし、ここはより自然が豊かな森であり、いま、発電所という名の乱開発の危機にさらされています。

2021年6月に新データの追加や認証の削除情報も取り込みました。

 

下の図をコピーして、「ペイント」などに貼付すれば、拡大して表示できます。

 

                           寄居から飯能まで「比企の太陽光発電を考える会」Facebookサイトで連帯して、

                                                                   太陽光発電条例ベルトをつくりましょう。